借金の限定承認手続き

マイカーローンの契約者が死亡した場合、マイカーローン以外の借金も念頭に置いておく必要があります。

 

借金と財産のどちらが多いのかよく分からない場合の相続には、限定承認がおススメです。限定承認であれば、得をする場合に限って相続をするような手続きとなりますので、万が一あとからマイカーローンの借金が出てきて借金が多くなっても、借金まで相続するようなことがありません。

 

丸ごと相続をする手続きのことを単純承認というのですが、単純承認には特段手続きが必要ないのに対して、限定承認を利用する際には決まった手続きを踏まなければなりません。それは借金がマイカーローンだろうと関係ありません。

 

具体的な手続きとは、相続開始を知った時から3か月以内に、家庭裁判所に限定承認の申述を行なって、審判をしてもらうことです。3か月経過してしまうと、自動的に単純承認となってしまい、たとえマイカーローンの借金が想像以上に多いので放棄したいと言っても、認められません。

 

3ヶ月では短いという場合には、期間の延長も可能ですが、期間延長の際にも家庭裁判所に申述を行なわなければなりません。

 

結構手続きは面倒ですが、マイカーローンの借金が多いようでしたら、試す価値のある方法ですね。